・質問  弊社では有給取得する場合、前以て申請書を提出してもらうことになっていますが、当日の有給申し出も受理すべきでしょうか?
・回答   年次有給休暇の取得にあたっては、社内の取扱いとして取得日の数日前まで、あるいは前日の終業時刻までなど、その取得手続きに関するルールを決めて運用されていることが多いと思います。
 そんな中、実務でよく問題になるのは、当日の朝に年休の申請があった場合の取り扱いです。急遽休まれることによって、他の社員に負担がかかったり、予定していた業務が進まないなど様々な支障が生じることもあります。
 年休の付与単位については、基本的には1日単位で与えることが原則になっています。そしてこの1日とは、暦日で計算されることになっているため、午前0時から24時までの24時間がその単位となります。つまり、始業時刻から年休が始まるのではなく、その日の午前0時から休暇が始まっているのです。  
 一方、年休の取得にあたっては、労働者に対して時季指定権が与えられており、会社としてもできる限り請求のとおりに年休が取得できるようにすることが求められています。しかし、請求された時季に年休を与えると事業の正常な運営を妨げる場合については、会社に時季変更権が認められています。

 それでは始業時刻前に会社に連絡があり、その当日に年休を取りたいと申請があった場合、会社は認める必要があるか否かについてどうでしょうか。
 上記のとおり、年休は午前0時から24時間を単位として与えることになっており、当日の朝になって年休の申請をするということは、既にその労働日が始まっていることになります。また、会社には年休の時季変更権が認められていますが、当日の朝に申請された場合は、時季変更権を行使することが実際に不可能という状況にあります。
 従って、当日の朝の年休申請について、会社はその申請を認めず、欠勤扱いにすることは問題ない(その日は欠勤とし、有給は別の日とする)と考えることができます。
 しかし、従来から慣例として当日の申請を認めている場合については、会社が勝手に当日の申請を認めず欠勤扱いにするとトラブルを招くことになってしまいます。また、当日の朝に体調が悪くなり休むこともあるため、これらの場合については年休の取得を認めるか否かについて、予め検討しておく必要があるでしょう。
 会社としては、従業員に対して年休を取得する場合はなるべく時間的な余裕をもって申請して欲しいことを伝え、十分に社内アナウンスしておくことが望まれます。



トップ人事・退職金コンサルティングお役立ち情報何でもQ&A業務案内お問合せ
Copyright(C) 2004 野手人事労務コンサルティング All rights reserved.