・質問  当社は、半日単位の年次有給休暇制度を設けていますが、専門業務型裁量労働制を適用している社員に対しても半休を与える必要があるのでしょうか?
・回答
  専門業務型裁量労働制とは、業務の性質上、 業務遂行の手段や方法、時間配分等を 大幅に労働者の裁量に委ねる必要がある業務として、 法令等に定められた19業務の中から、対象となる業務を労使協定で定め、実際の労働時間数とはかかわりなく、労使協定で定めた時間を労働したものとみなす制度です。つまり、 裁量労働制が適用された場合、始業・終業時刻の決定や1日何時間働くかについて、労働者自身に委ねられており、その実際の労働時間が何時間であっても、あらかじめ労使で定めた時間労働したものとみなされます。
 一方、年次有給休暇は、裁量労働制で働く場合も当然に付与されますが、年次有給休暇は1日単位の取得を原則としており、半日単位の年次有給休暇制度は設けなければならないものではありません。半日単位の年次有給休暇制度があることから、裁量労働制対象者から請求があったわけですが、裁量労働制対象者は、1日何時間働いても、あらかじめ労使協定で定められた時間働いたものとみなされることから、労働時間については自分で調整すればよく、あえて半休を取得する必要はないということになります。
 したがって、半休の請求があった社員に対しては、裁量労働制は業務の遂行の手段および時間配分の決定など当該社員に委ねられているものであり、半休を請求しなくとも、自分で労働時間を調整するよう、そして、有休を取るなら、半日単位ではなく1日単位で取得するように促すのがよいでしょう。
 なお、労働基準法上の管理監督者についても、労働時間・休日の適用が除外されていても、年次有給休暇については、付与しなければなりませんが、半休制度についてはあえて半休とする必要はないということになります。




トップ人事・退職金コンサルティングお役立ち情報何でもQ&A業務案内お問合せ
Copyright(C) 2004 野手人事労務コンサルティング All rights reserved.