お役立ち情報
事業者の健康診断の延期

 事業者に義務付けられている健康診断の実施が、コロナ禍の影響により延期が認められます。

@ 一般健康診断
 事業者は、労働安全衛生法第66条の規定により、労働者の雇入れの直前または直後に健康診断を実施することや、1年以内ごとに1回、定期に一般健康診断を行うことが義務づけ られています。しかし、新型コロナ ウイルスの拡がりにより健康診断等の実施会場においても、密閉・密集・密接といった「三密」空間での感染拡大が懸念されることから、一般健康診断の実施時期については、令和2年6月末までの間、延期しても差し支えないとされました。

A 特殊健康診断
 また、事業者は、労働安全衛生法、じん肺法の規定に基づき、有害な業務に従事する労働者や有害な業務に従事した後、配置転換した労働者に特別の項目についての健康診断を実施することや、一定の有害な業務に従事する労働者に歯科医師による健康診断を実施すること等が義務づけられています(特殊健康診断)。 特殊健康診断については、癌その他の重度の健康障害の早期発見等を目的として行うものであるため、基本的には十分な感染防止対策を講じたうえで法令に基づく頻度で実施するのが望ましいとされていますが、十分な感染防止対策を講じた健康診断実施機関での実施が困難である場合には、一般健康診断と同様、実施時期を令和2年6月末までの間、延期しても差し支えないとされました。

 これらの取扱いは、現時点では新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた令和2年6月末までに限られた対応とされています。


トップ人事・退職金コンサルティングお役立ち情報何でもQ&A業務案内お問合せ
Copyright(C) 2004 野手人事労務コンサルティング All rights reserved.