No.1 国民年金保険料のお得術
――――――――――◆ 目 次 ◆――――――――――――――――――
◇ 国民年金の保険料は賢く支払う

◇ 平成17年度年金額

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


-------------------◇ 国民年金保険料は賢く支払う ◇--------------------

ご存知ですか?
国民年金の口座振替納付がお得になりました!

口座振替にすると、納付書で納めるよりも保険料が安くなります!


例えば・・・・

  1 納付書で納めた場合  
     
     毎月納めると    13,580円(平成17年度保険料額です)
     半年先払いすると  80,820円(660円お得です)
     1年先払いすると  160,070円(2,890円お得です)

  2 口座振替にすると   

     毎月納めると    13,540円(40円お得です)・・・・・・・ ※1
         (既に振替でお支払いされてる方は変更手続きが必要です)
     半年先払いすると  80,550円(930円お得です)・・・ ・・・※2
     1年先払いすると  159,540円(3,420円お得です)
                  (毎年4月までに手続きをするようです)

    ※1 40円なんて、、、と思ってらっしゃる方へ
        実は40円の利息を銀行で受けるには
        約400万円を1年間預けなければなりません

    ※2 930円の利息を受けるには?
        9300万円を1年(普通預金)、
        スーパー定期でも300万以上必要です

  
 お申し込みは、お近くの社会保険事務所へ 
 * 年金手帳または納付書・通帳・通帳の印鑑を忘れずにご持参ください。
      


--------------------◇ 平成17年度の年金額について ◇--------------------


平成16年の物価変動率は、0% その結果、
年金額は、据え置き(平成16年度と同額)となりました。

■国民年金法

1.老齢基礎年金:794,500円(満額)

2.障害基礎年金1級:993,100円
  障害基礎年金2級:794,500円
  障害基礎年金の子の加算額
  ・2人目まで:1人につき228,600円
  ・3人目以降:1人につき 76,200円

3.遺族基礎年金(基本額):794,500円
  遺族基礎年金の子の加算額
  ・2人目まで:1人につき228,600円
  ・3人目以降:1人につき 76,200円


■厚生年金保険法

1.加給年金額
  ・配偶者:228,600円
  ・2人目まで:1人につき228,600円
  ・3人目以降:1人につき 76,200円

2.障害厚生年金関係
  ・障害厚生年金の最低保障額:596,000円
  ・障害厚生年金の配偶者加給年金額:228,600円

3.遺族厚生年金関係
  ・中高齢寡婦加算の額:596,000円

*なお、障害手当金の最低保障額は、1,171,400円となりました。
 (参考:平成16年度の最低保障額:1,192,000円)

*法律の詳細については、最寄りの行政庁にお尋ね下さい。

*年金の金額は、毎年変わりますのでご注意下さい。
 本年度は年金額の変更はありませんでしたが、保険料が増えております。
 給与明細書を是非一度ご覧下さい。
 社会保険料が増えていませんか?

 保険料は増え、年金は下がる傾向にあります。
 国に頼らず、自らの力で万が一に備える、という姿勢を
 求められつつあるのが、よくわかりますね。

      
    
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
次へ 一覧へ戻る

トップ人事・退職金コンサルティングお役立ち情報何でもQ&A業務案内お問合せ
Copyright(C) 2004 野手人事労務コンサルティング All rights reserved.